宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

カメの粉はやっぱり尽きない。

我が家は、ほとんどムスメに服を買ってあげたことがない。

感謝なことにムスメより少し大きな子どもさんをもっているお宅が小さくなった服をまわしてくださるからだ。

これは、本当に、本当に、本当に、助かる。


ちなみに、わがムスメは平均よりもはるかにデカイ。
日本の発育グラフを見ると、身長など100%を越えてはみ出てしまっているぐらいだ。

スクスクと成長してくれるのはいいが、あっという間に服が着れなくなる。
そして、この春ムスメの服は尽きてしまったかのように思えた。
春・夏の服が、ない。

どうしよう、服を買うべきか?
悶々と悩みつつ、未だに冬のトレーナーを着せていた私。←ちょっともう暑いよねー。
ムスメよ、ごめん。

そんな日々を過ごす中、あるクリスチャン系雑誌の記事を読んだ。
そしてある方の証が目に留まった。病院通いのボランティアをしていて、毎日徒歩で何十分もかけて歩いていたが、夏になり暑い中汗をだらだらかきながら歩くのが大変になり、神様に、「自転車、自転車、自転車~~~~。」と叫んで祈ったところ、とっても上等で乗り心地のよい自転車が与えられた、という証だった。

お~~~。

なんだか、とっても新鮮だ!!
彼女の素直さ、率直さと祈りに答えてくださる神様のすばらしさに感動。
そういえば、最近、こういう祈り、してないなー!!!


というわけで早速実践。


「神様、ムスメの服~~~。服服服~~~~~!!」← あほか!w



祈り続けて3日目。



服がどさっとやってきた。神様、早い!



涙涙。



天のおとうちゃ~~~~ん。わがまま娘の祈りを聞いてくれてありがとう~~~~~~!!!
これで、ムスメに季節相応の服を着せてやれます~~~。
[PR]
by yukoozeki | 2010-04-28 15:37 | Motherhood