宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

見つけた子育ての喜び

新しいママバイのシリーズが始まっている。今回のテキストは、「見つけた子育ての喜び」。まだ2回目だけど、じっくりと自分がどう子どもに向かい合っているか、考えたりシェアしたりすることができる時間がもて、本当に祝福されている。

a0122207_16544776.gif

今日は、「子どもを尊敬する」というテーマ。

内容は、

1.子どもに前もって準備させる
2.子どもの気持ちに敏感になる
3.子どもと信頼関係を築く
4.子どもが持っている能力を伸ばせるように励ます

ということだったんだけど、要は、子どもが自分の人格とは別の、感情をもった人間であること、コントロールしようとするのではなく、しっかりと一人の人として向かい合うこと、ってことなのかな、と思う。

一つ改めて学んだのが「子どもに恥をかかせない」ということで、たとえば、子どもについてその子の目の前で、けなしたりしない、とか、友達の前で叱らずに一対一の場所で叱る、ってこと。

そこで思い出したのが、ムスメを叱るとき、私と一対一の時は素直に「ごめんね。」ができるのに、他の人がいるときは意固地になってなかなか謝れないこと。

なるほど。まだ2歳にもならないのに、いっちょまえに他の人の前で叱られることに恥ずかしいという思いがあるんだなあ。
もっとSensitiveにならないと。ふむふむ。

まあ、まだ今は子どもが一人しかいないから、それでも子どものペースや感情を尊重することはそこまで難しくないかもしれないが、これが、2人、3人と増えてきたら、なかなか大変だろうなあ、と改めて思った。

「早くしなさい!」を言わないで済むように生活するためには、朝9時に出発するために5時ぐらいに起きなきゃならなくなったりするのかしら。

anyway、新しくはじまったバイスタにも、多くのママさんが加えられ、共に子育てを励ましあい、神様の愛を知るときとなりますように!
[PR]
by yukoozeki | 2010-07-01 16:57 | Daily Ministry