宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

男女交際セミナーとムスメの発熱

昨日はちまたではハロウィーンでしたが、うちは家族総出でとある教会へ男女交際セミナーのために出かけました。

プロセスについてはオットのブログにいくつかでているので参照。

これとかこれとか。

はい。ビデオがアップされました。時間のある人はご覧ください。こちら

が、問題が一つ発生しました。

土曜日の夜中からムスメが突然の発熱。
朝になっても昼になっても下がる気配なし。

どうしよう、連れて行くか、置いていくか。しかし置いていくとしても高熱の子どもをベビーシットする人も大変だろう...。でも、今回は夫婦二人とも話す予定だからどちらかが残って子どもの面倒をみるというわけにもいかない....。

というわけで、ぎりぎりまで迷ったのですが、連れて行きました。(ムスメよ、ごめん。)

幸い?、熱のせいか、セミナー中彼女はおとなしく、ちょこんと椅子に座って私たちの講義を聞いていました。まだちょっと男女交際セミナーを聞くには早いと思うけど?

そして、むちゃをさせたにも関わらず、帰りがけにはおにぎりをほおばり、「もっともっと。お腹すいた。」と食欲も回復。

今日は熱も下がっていました。

感謝感謝。

それにしても。

いやー、どうして子どもって、親に大切な用事があるときに限って熱をだすんだろ?
別に狙っているわけじゃないんだろうけど。

今回は幸い準備もほとんどできていたし、ぎりぎりでばたばたすることなく事なきを得たけど、ほんと何があるかわからないなあ。色々な準備はなるべく早く終わらせておくに越したことはない、と改めて思いました。

さて、肝心のセミナーの方はというと、多分、聞いた人の心の状態や、今の状況に応じて色々な反応があっただろうな、と思いますが、後は神様と教会のリーダーたちにゆだねていくしかありません。

実はこの手のトピックの話は、この後12月のEquipper Conferenceでの男女別集会、そして、1月のLAMPでのメッセージ、と続く予定。

若者伝道をする中で、この手の問題はニーズが高いという事なのでしょう。引き続き気合を入れて学んでいきたいと思います。
[PR]
by yukoozeki | 2010-11-02 08:06 | 動画