宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

宣教報告2010年11月

Merry Christmas & A Happy New Year!
「あなたの若さは、鷲のように、新しくなる。」詩篇103:5b


a0122207_3255613.jpg鷲は羽根の生え換わりのとき、羽根を岩肌にこすりつけ古い羽根を落とし、新しい羽根が生えそろう時を待つそうです。私たちの若さも新しくされるときには、時に羽根が抜けるような痛みが伴い、不必要なものが取り去られる時を通ります。
来年20周年を迎えるJCFNと共に、私自身も引き続き羽根の生え換わりの時期を通っているのかもしれません。相変わらず子育てとミニストリーのバランスに四苦八苦しながら、フルタイムで主婦と母親をつつフルタイムで主の働き人であるためにはどうすればいいのか、試行錯誤しています。主によって新しくされ、力が与えられることを引き続き祈りつつ、日々の歩みを送っています。

♪SEEK2010~愛dentity♪
a0122207_326361.jpg今年も去る10月2日、オレンジカウンティにあるサランチャーチを会場にして、アウトリーチイベント、SEEKが行われました。300人以上の参加者が与えられ、内約100人はノンクリスチャンでした。一回のイベントに100人ものノンクリスチャンが集まるとは、やはり日本では考えられないような恵みです。海外における日本人宣教の祝福を改めて実感するひと時となりました。
当日は、地域別チーム対抗運動会をして体と心をリラックスさせた後、おいしい韓国焼肉をおなか一杯食べ、そして続きステージではゴスペルやスキットを楽しんだ後、ストレートな福音を語るメッセージに耳を傾けました。このイベントをきっかけとして、まだイエス・キリストと出会っていない人たちが求道の思いを持ち、救いを得ることができるように、お祈りください。

♪男女交際セミナー♪
10月31日、とある教会の青年会に呼ばれて、夫婦+αで男女交際セミナーを行いました。そのビデオがFacebookでアップされたところ、ビデオを見た人たちの中から、悔い改めや解放の祈りをした、という報告が届いたり、他の教会の青年会やユースグループでビデオを使わせてほしい、との依頼があったり、と意外に大きな反響をよび、感謝しています。学生、青年時代のクリスチャンにとって、この問題へのニーズがいかにあるかを再認識させられています。クリスチャンとして歩む中でもっとも大きな戦いの一つである性について、もっと様々な機会に、オープンに、そして突っ込んで話をしていく必要がある、と改めて思わされます。
 これとは別で1月に、また別のグループで、男女のことについて夫婦で話す機会が与えられています。主が引き続き用いてくださるようにお祈りください。

♪その他祈りの課題♪
1.フォローアップをした人たちが、帰国後も主にあって成長していくことができるように。日本の文化、教会、家族、色々な問題がある中で、神様につながることができるように。そして、彼らを支えるクリスチャンコミュニティが一人一人に与えられるように。
2.引き続き経済的な必要が満たされるように。必要額は約14万円です。主が満たしてくださるように。
3.感謝なことに新しい命が与えられました。現在妊娠5ヶ月で、来年4月下旬に第2子を出産の予定です。主が胎の実を守ってくださり、この期間が守られ、無事に健康な子どもを出産することができるようにお祈りください。
4.現在アメリカの事務主事としてデピュテーション中の三木真智子姉が、私の産休がはじまる4月の就任を目指しています。主が必要を満たしてくださいますように。
5.一人の学生とメンタリングを始めました。彼女との時間が祝福されるように、また、問題を見極める力が与えられ、適切な助言と適切なリソースを提供することができるようにお祈りください。
6.新しいJCFN事務所に近い場所に引越しを考えています。主が良い場所を備えてくださり、新しい家をも主の働きのために用いてくださいますように。
7.ミニスターとして、妻として、母としての召しを感謝して受け止めつつ忠実に主に従うことができるように。
8.母教会の高槻福音自由教会の祝福のためにお祈りください。
[PR]
by yukoozeki | 2010-12-03 03:28 | Bi-monthly Report