宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

宣教報告2014年6月

「たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。」(詩篇23:4)

♪帰国者ワークブック駐在編♪
 このイースター、私の教会に集われていたご夫婦がそろって洗礼を受けられました。そして、その2日後には、帰国。まさに生まれたての赤ちゃん、洗礼の水が滴るままで、日本に帰られたわけです。
 帰る直前に息子さんに起こった盲腸、そして、帰国後に起こったお嬢さんの帯状疱疹、蕁麻疹、そして、内臓疾患の疑い、等、息をつくまもないようなトラブルの連続の中で、日本の生活に必死に適応していこうとしているご家族の姿を見ながら、「やはり、帰国っていうのは大変なことなんだなあ。特に、小さな子供にとってのストレスはどれほどのものなのだろうか。」と改めて思わされています。

ここ数年、家族持ちの方々との交わりが増え続ける中、このアメリカで救われそして、家族で日本に帰国していく方々との関わりもまた、増えてきています。中には、奥さまだけがクリスチャンになって、日本に帰られる方々ももちろんいます。

 そのような中、今まで留学生向けに作っていた「帰国者ワークブック」ではカバーできないニーズにこたえるべく、「帰国者ワークブック駐在編」に取り組み中です。もちろん、基本的な部分、文化への再適応や、信仰生活に関する部分は変わりません。でも、クリスチャンとしての日本での社会生活や家庭生活、また、教会を建てあげていくことに、よりフォーカスしたワークブックを作っていければ、と願っています。アメリカからだけでなく、広く世界中から帰国する駐在家族たちに対応できるように、北米在住以外の方々のインプットをもらいながら作っています。
 
 このような形で、年齢の幅、また地域の幅を持つミニストリーに関われることを感謝しています。主が知恵を与えてくださり、このプロジェクトを進めていくことができるようにお祈りください。

♪EC14始動♪
a0122207_34139.jpg


早くも年末のイクイッパーカンファレンス
に向けての準備が始まっています。幸いなことに、今年は実行委員長もたてられ、5月末には、初の顔合わせ実行委員会が開かれました。全米各地から実行委員たちが集まり、また、日本とはスカイプでつながり、丸2日間、話し合いのときが持たれました。

私は今年は、去年に引き続いて子どもプログラム、そして、新しい分野としては、英語プログラムと求道者プログラムの3つの分野を担当することになりました。

  特に、求道者プログラムについては、自分自身が、「福音とはなにか?」ということを考えさせられていることもあり、とても面白くなりそうです。福音のプレゼンテーションについて、また、信仰を持つということについて、「福音の再発見」という本を読んで以来、「神の御国を建設する者として、キリストの弟子になる」という視点でとらえなおす必要を感じています。自分自身もプロセスのまっただ中にいますが、クリスチャン、求道者たち両方とともに、福音を考えていきつつ、アウトリーチしていくことのできるこの機会を感謝しています。

 日本から北米への留学生が年々減少し、また、短期化する中で、ECのあり方も少しずつ変わりつつありますが、変わることのない、福音を日本語でしっかり伝え、参加者がキリストの弟子として整えられていく、という使命を果たしていくことができるようにお祈りいただければ幸いです。

 
♪その他祈りの課題♪
1.夏に入り、多くの学生たちが帰国していきます。それぞれが、日本でしっかり教会につながり、帰国後も主にあって成長していくことができるように。彼らを支えるクリスチャンコミュニティが一人一人に与えられるようにお祈りください。
2.主が経済的必要を満たしてくださるように。ここ数か月、感謝なことに特別献金が与えられ、サポートが上がってきています。(91.7%) しかし、依然として、年間を通してのサポートは満たされていません。引き続きお祈りください。
3.事務主事の三木姉が5月31日結婚し、斉藤姉になりました。相手は神学生の方です。夫婦で忠実に主に仕えていくことができるように、また、引き続き姉妹のJCFNでの働きの祝福のためにお祈りください。
4.6月26-28日まで、例年より一か月早く、リーダーシップキャンプWITが行われます。リーダーの育成のため、祝福されたキャンプとなるようにお祈りください。
5.6月14日から1か月半の予定でJCFNにインターンがやってきます。拙宅に滞在予定です。よい学びのとき、交わりのときとなるようにお祈りください。
6.ミニスターとして、妻として、母としての召しを感謝して受け止めつつ忠実に主に従うことができるように。
7.母教会の高槻福音自由教会の祝福のためにお祈りください。
[PR]
by yukoozeki | 2014-06-27 03:47 | Bi-monthly Report