宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

緊急なこととと重要なこと

今週はやたらと忙しい週。

まずは、JCFNの日米合同主事会。
毎年3月に、3日間ほど缶詰で顔と顔を合わせてやっていたが、今年はいろいろな事情が重なり全員で同じ場所に集まるのではなく、4日間かけて、WEB会議をすることになった。しかも日本と時間を合わせてやるので、晩に始まる。昨日は終わったら、午前0時を回っていた。涙

a0122207_4453133.jpgそして、昨日・今日とお客さんが泊まりにきている。この秋からタルボット神学校に入学する予定のK君。
彼のお世話のため、LAのリーダーKuni君が動いてくれている。ライドをくれたりいろいろなところを案内してくれたり。本当に彼の仕える姿勢には頭が下がる。Kuni君とは顔を合わせることはあってもなかなか個人的にゆっくり交わる機会がなかったので、このような機会が与えられたことも感謝だ。

彼との会話の中で、「祐子さんは今、何をやってるんですか?」という質問がでた。


「えーと、一応いろいろやってるんだけど...」



と考えながら、その問いかけはそのまま神様からの、



「あなたは今、何をやるべきなのか?」



という問いかけのような気がして、彼との交わりの後も、お皿を洗いながらつらつらと考えた。

ちょうど合同主事会で、今年のビジョン、ゴールの設定をしプランニングをしなければならない時だから、頭がそういうモードになっていたのかもしれない。


自分は何をするべきなのか?まず、何ができるのか?


去年の出産以来機動力が落ちている。
ムスメを抱えて、緊急時にさっと動くことが難しくなってきている。
それはいくら嘆いても、しょうがない。
事実この春All Nations Returnee Conferenceの仕事分担をするとき、私の出した条件は、

「徹夜仕事はできません。」
「突発的なことの対応もできません。」
「長時間の仕事はできません。」(受付に5~6時間ぶっつづけで座ったりとかはできない。授乳があるし、ムスメにお昼寝もさせないといけないからね。)


という、自分でも、「使えね~~~~!!」というものだった。


で、何ができるか考えて、日本・海外の地域集会・同窓会のコーディネートと、自分の地域で集会やスモールグループをはじめたい、という思いが与えられた人たちへのセミナーの2つを担当させてもらうことになった。


でも、これは結果として、All Nationsという修養会を通してJCFNが達成したかった、帰国者フォローアップのための働き人たちとのネットワークとMobilizationというもっとも重要な働きを担うことになった。



「あなたは今、何をやるべきなのか。」



くるくる考える中で、今のLife Stageの中で、私がやらなければならないことは、「緊急ではない重要なこと」なのだと改めて気づかされる。
a0122207_455410.jpg




今までは、重要でも重要でなくても、緊急なことをすべてやっていたような気がする。毎日がとても忙しくて、
緊急でないことはどんどん後回しになっていた。


でも今は。
突発的なことができないがゆえに、また馬力と体力で進める仕事ができないがゆえに、使える時間を「緊急ではない」ことのために使おう。


とりあえずは、この合同主事会中に考えなければならないことは、たくさんある。


動けなかったパウロが獄中で書いた書簡が、巡回して教会を開拓していったときの何千倍、何万倍の人たちへ大きな影響を今、与え続けているように、そして、なによりも、自分で動くこともできず十字架上で張りつけられ、血を流し、死に渡されたJesusがまさにその一見無力に見える、まさにそのことを通して、全世界の命を救ったように。


Jesusやパウロに比べたら規模はほんとにちぃさなもので、比べることすらおこがましい。
だけど、神様の大きな御業は自分が何も出来ないと思っている中でこそ大きく働かれるということ、もっと体験していきたい。
[PR]
by yukoozeki | 2009-06-11 04:55 | Daily Ministry