宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

社会人バイスタ~基礎の学び4~愛が伝わるとき

土曜日は最後の学び。

テーマは、「恵みのゆえに信仰によってキリストを受け入れ救われる」

前回の学びで、キリストの十字架について散々語ったので、今回は、キリストを「受け入れる」
ということにフォーカスした学びだった。

結果として二人ともその場でJesusを受け入れることはなかったのだけれど、確実にしっかりと
この4回の学びの実が結ばれていて、二人とも一ヶ月前より神様にずっとずっと近づいた、
という手ごたえをずっしり感じた学びになった。


学びの後、M子ちゃんが食事をしながら、


「実は2回目の学びの時、自分のためだけにこれをやってくれてた、って知らなくて。
普通に2回目の学びだと思って行ったら1回目だった。
それで、自分はこれは真剣に行かないと、と思って、最後までコミットして行こう、って決めたんです。」

って言ってくれた。

(その経緯については、こちらをどうぞ)

そっかー。

あー、よかったなー、あの時、Yちゃんが「M子ちゃんのためにもう一度1回目の学びをやって
ください。」って言ってくれて。

あー、よかったなー。オットが「やりましょう。」と言ってくれて。



M子ちゃんは今回信じるお祈りをしなかったとは言え、

「イエス様が私の罪のために十字架にかかって身代わりになってくださった、とわかりました。」

という重大?発言までした。

「え?それって信じてるってこと?信仰告白する?」

って聞いたら、「いえ、それはまだ。」


そっか、まだ時があるんだね、きっと。でも、きっとそんなに遠くないだろうな、と思ってとても
うれしかった。



そして、最後のうれしいサプライズは、

「これ、みんなからです。」と私たち夫婦に渡されたカード。

Thankyouカードと一緒にレストランのギフトカードが入っていた。
来週の私の誕生日を祝うために、数日前にオットが予約を入れたレストランだった。



「!!!!!!????どーして?なんで知ってるの???」




「まあ、いいじゃないですか。」(ニヤニヤ)



完敗。
愛を教えられたのは私たちの方。
恵みを受けているのは、私たちの方だった、ってまた思った。


普通、バイスタやってお礼される人なんてあんまりいないよね。(しかも、半分はノンクリだ。)

贅沢だなあ。祝福ばかり受けて。

キリストの愛が伝わって、こっちに戻ってきた。
そんなバイスタが終わった。
[PR]
by yukoozeki | 2009-06-30 15:13 | Daily Ministry