宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

WITリハーサル~人の意見に耳を傾ける

人の意見に耳を傾けることは難しい。

特に自分が祈り考え、時間をかけてつくったプレゼンテーションやメッセージに意見を差し挟まれるとき、それを受け入れるのは簡単ではなかったりする。忍耐を試され、また謙遜にされる瞬間である。


いよいよJCFNのリーダーシップキャンプ、WITが2週間後に迫ってきた。先週水曜日はチームごとのリハーサル。距離があるので、JCFNの会議でも使った、例のZORAPでテレビ電話で3時間。

やりながら改めて思わされた。リハーサルもリーダーシップ・トレーニングの一環だなあ。

いかに相手を励ましながら自分の意見を伝えるべきか。
いかに謙遜に他の人の意見に耳を傾け、謙遜に受け止めるべきか。

そういえば、私のボスのお父様は牧師だが、毎週土曜日に奥様に日曜日のメッセージをかならず聞いてもらう、と聞いたことがある。
「そのたとえは、わかりくにいわ。」とか、「ここ、もう少し説明加えた方がいいんとちゃう?」とかきっと言われながら、メッセージを仕上げていかれるのだろう。

自分が伝えたいことを伝えたいように伝えるのではなく、自分が伝えたいことを相手が本当に理解できるように伝えること。

そのためには、ぎりぎりに仕上げたのではだめ。
他の人の意見を聞き、訂正する時間とゆとりがなければならない。

よいメッセージ、よいプレゼン、よいセミナー、よい証をする者になりたいなあ、と改めて思わされた。
[PR]
by yukoozeki | 2009-07-06 14:06 | Daily Ministry