宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

2009年9月宣教報告

「わたしの枝で実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、実を結ぶものはみな、もっと多く実を結ぶために、刈り込みをなさいます。」(ヨハネ15:2)

主の聖名を賛美いたします。
毎日時間があっという間に過ぎていく今日この頃、夏が終わったと思ったらもう収穫の秋。霊的にも多くの実を実らせていきたい季節になってきました。夏以降、常に思いめぐらしているのが上のみことばです。より多くの実を実らせるために、無駄な葉や枝をそぎ落とされる必要があります。人の目に見える華やかさではなく、見た目には貧弱であっても、実がたわわに実っている、そのような働きをさせていただきたい、と願わされています。

♪All Nations Returnees Conference関連あれこれ♪

a0122207_823333.jpg再三このニュースレターでも取り上げていますが、去年の3月に行われた、全世界規模での帰国者大会All Nations Returnees Conferenceは私たちJCFNのミニストリーに大きなインパクトを与えました。この大会をきっかけとして、いくつか新しい帰国者フォローアップのためのスモールグループが立ち上がり、また、いくつかの地域では、帰国者のための集会がはじまりつつあります。また、具体的に日本の教会に向けて、帰国者受け入れのための冊子を作成するプロジェクト、また、帰国者がどんな教会を求め、実際に定着している教会の特徴はどういうものかをアンケート調査する、といったプロジェクトも動いています。
現在、9月19日を皮切りに、日本各地では来年3月に行われる、第2回目のAll Nations Returnees Conferenceのための決起集会が行われています。

今までのように海外発信の帰国者ミニストリー啓発ではなく、日本をベースにした日本発信型の帰国者ミニストリーの視点が加わってきています。それに伴い、「帰国者がいかがに日本の教会に定着するか。」というところから、「帰国者ミニストリーを通して、日本の教会がいかに変えられ宣教が進められていくか。」という視点が加えられてきつつあります。また、今まで、「海外→日本」という一つのベクトルで考えていたミニストリーを「海外⇔日本・海外⇔海外」というもっと流動的なものとしてとらえるようになってきました。いずれにしてもJCFNの使命としては、「日本であっても海外であってどこに住もうとどこに導かれようとキリストの弟子として成長するクリスチャンを育てたい。」ということです。

来年3月に向けて、引き続き神様に期待していきたいと思います。

(All Nations10のプロモーションビデオをこちらからご覧いただけます。)

♪RJC(Reaching Japanese for Christ)Conference (9月12日)♪

RJCカンファレンスというのは、日本人にリーチアウトしたい人たちが日本人宣教について学ぶためのカンファレンスです。中心となって働いてくださっているのは、日本人宣教師を引退して、アメリカに戻ってきている働き人たち。最初の数年はシアトルで年に一度やっていましたが、今はアメリカ全国規模に広がり、この南カリフォルニアでも今年で3回目のRJCカンファレンスが開かれ、私たちJCFNもセミナーをひとつ担当させていただきました。a0122207_826238.jpg

LAは少しアメリカのほかの地域と比べて特殊な事情があると思います。古くからある日系人コミュニティに加え、永住する人が多いため、日本人人口が海外のどの地域に比べても多いのです。そのため、日本人による日本人ミニストリーがさかんに行われており、結果として日本人以外の人たちと日本人の宣教協力がそこまで盛んではないのかもしれない、という印象を受けています。

日本人が独自で宣教を展開していけるというのは、感謝なことではありますが、同時にせっかくアメリカなのにもったいない、と思ったりもします。特に留学生の中には、アメリカ人とのコンタクトを求めるところから求道を始める人が多いのです。今回のRJCのカンファレンスには、日本人宣教に興味をもって協力したい、という日本人以外の人たちが参加者の半数を占めていました。彼らの心を感謝して受け止め、具体的な一歩を踏み出すことができれば、と思わされました。

♪SEEK(10月31日)♪

a0122207_8294651.jpg去年に引き続き、ロサンゼルスに住む若者たちが中心に、伝道イベントSEEKを行うことになりました。今年はなんとハロウィーンの日に行われるそうです。運動会・ステージの二つの分野に分かれ、ステージでは、ダンスやスキット、ファッションショーや、ゴスペルなど盛りだくさんのプログラムが行われる中、ストレートにイエス・キリストの福音が語られる予定です。

「人々は、東からも西からも、また南からも北からも来て、神の国で食卓に着きます。」(ルカ13:29)
というみことばを掲げ、テーマは、「Gather!(集まれ!)」ということで、1000人の人たちが集められることを祈っています。ロサンゼルスという、日本ではないのに日本人がとても多い、という特殊な土地柄ならでのイベントです。どうぞ多くの日本人の若者がこれをきっかけに福音の種が蒔かれますように、そして心を開かれ、主を信じ救われる者が多くおこされるように、また、LAにすでにある日本人教会、そして日本人向けのミニストリーの活性化と協力関係の強化のために用いられますように、お祈りください。
(去年のSEEKの映像をこちらからご覧いただけます。)

♪その他祈りの課題♪
1.フォローアップをした人たちが、帰国後も主にあって成長していくことができるように。日本の文化、教会、家族、色々な問題がある中で、神様につながることができるように。そして、彼らを支えるクリスチャンコミュニティが一人一人に与えられるように。
2.7月25日にスモールグループのセミナーは感謝のうちに終わりました。次回は11月7日です。新しいスモールグループが起されるようにお祈りください。
3.引き続き経済的な必要が満たされるように。
4.ミニスターとして、妻として、母としての召しを感謝して受け止めつつ忠実に主に従うことができるように。
5.母教会の高槻福音自由教会の祝福のためにお祈りください。
[PR]
by yukoozeki | 2009-09-30 08:34 | Bi-monthly Report