宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

時間の管理、感情の管理

今日、10月1日は、実はムスメを出産して仕事に復帰してからの1周年記念日なのです。
ほんと何やってんだろうなあ、と思うような1年でしたが、振返ってみると、それでも神様はそれなりに働きを進めてくださっておりそのために私を用いてくださっている。
感謝、なのです。

さて、この1年間の私の最大の課題は、タイムマネージメントでした。
いえ、タイムマネージメント、というより、エモーションマネージメント。毎日、どうやったらムスメにキレることなく一日を無事に終わるか、と言った方が正しいかもしれません。

特に夕方以降は要注意。
夕暮れ時。一番ムスメがギャーギャーいう時間帯。
そして、主婦にとってはごはんを作る一番忙しい時間帯。

オットが帰ってくる頃には、食べ散らかされた離乳食の残骸、そして私が食事の支度をしている間、かまってもらえないムスメによって荒らされた部屋はまるで空き巣にでも入られたよう。

一日の仕事を終えて疲れて帰ってきているのに、親にかまってもらえずにキーキー言うムスメと、そんなムスメに逆切れして、これまたキーキー言っている妻。女二人の相手をするオットはやはり客観的に見てかわいそうなのです。涙。

これではいかん、ということで、ママ友の勧めもあり、今日から夕食を午前中に作ることにしました。
もっとも、エネルギーをもてあまし気味のムスメを公園に連れて行くことが日課になっているため、今日は午前中にすべてを終えることはムリだったのですが、(←デイリースケジュールを見直す必要有!)それでもやっぱり、夕方にすべてをやるよりは、随分夕方にゆとりができ、仕事もはかどりました!

ムスメが成長するにつれて、どんどん生活のリズムは変わっていくけれど、その時その時で知恵をいただきながら、よい管理人になっていきたいなあ、と改めて思わされた一日でした。
[PR]
by yukoozeki | 2009-10-02 15:00 | Daily Ministry