宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

カテゴリ:Bi-monthly Report( 28 )

Ministry Report April 2012

“for it is God who works in you to will and to act in order to fulfill his good purpose” (Philippians 2:13)

♪OC Bible Study for Moms Kick-off♪
a0122207_4535636.jpgLast summer, I set four goals for my ministry. One of them was to start a bible study group for moms in Irvine. It has finally started!
Although I have moved out from Irvine, a lady who lives in Irvine allows us to use her home. Praise the Lord! He has answered our prayers.

Since most of the moms said they wanted to establish their faith before learning about the Christian way of raising kids or dealing with marital issues, we will focus on the Word of God. I am excited just imagining how God will grow this group.

Yet, we have already faced some issues. Because most of the members, including myself, have little children, I frequently receive e-mails with notices like “I cannot make it this time since my kid is sick.”
Also, it is hard to concentrate on studies with little kids around.
People in this life stage have a great spiritual hunger and thirst; however, it is difficult for them to set aside time for the Word of God and prayer. Please pray that the Lord will give us wisdom so that we will be able to see salvation of the souls, spiritual growth, and fruit of the Holy Spirit out of this fellowship.


 ♪JCFN Japan & USA Annual Joint Staff Meeting♪
a0122207_4544938.jpgWe had an annual joint staff meeting from March 15th to 18th.
This same meeting, held last year, was right before the terrible disaster hit Tohoku. Despite not knowing what would happen the following week, we had set a five-year goal of, “Transforming the changing world with the unchanging truth.” This year, we looked at this this theme in awe and recommitted ourselves to it. Also, we set the same annual goal as the previous year. This is, “Empowering co-workers.”

We will have the 3rd All Nations Returnees Conference in Japan in November this year. Through the past two conferences, many returnee follow-up ministries and regional meetings were born all over Japan. We expect that God will raise more workers this year, too. And we as JCFN staff hope to serve those who are willing to participate in ministry. Please pray that God will raise more workers in Japan.

 ♪Trip to Chicago♪
a0122207_4521519.jpgI went to Chicago to visit one of my supporting churches in order to serve at their mission conference from April 13th to 15th. Thankfully, my husband took care of my two daughters while I was gone.

At the mission conference, I reported about JCFN’s ministry and the current situation in Japan. It was such a blessing that we had the opportunity to pray for Japan together. This church is my old-home church where I served while studying at seminary. I received a lot of encouragements and inspirations through fellowship with church people and other missionaries who also served at the conference.

Before and after the conference, I had a busy but great three days seeing my former-roommate from my seminary, visiting an American church that reaches out to Japanese moms through English café ministry, and met-up with my mentee. I thank the Lord who gave me such an opportunity, apart from daily life, to have deep and abundant fellowship with God as well as time to think about my ministry and my future.

♪Other Prayer Requests♪1.Growth for those with whom we follow-up. Pray that amidst the Japanese culture, church, family, and other varying issues, these believers may remain connected to God, and that a Christian community will be provided for each one of them.
2.Please pray that the Lord will meet my financial needs. I need to raise approximately $1,500/ month this year and 95.4% was met in these past five months.
3.Please pray that I can be a faithful servant, holding onto the calling from God as a minister, wife and mother.
4.I am still working on JCFN’s 20th Anniversary booklet, which was supposed to be done by the end of the last year. Please pray that the Lord will give me strength to complete it.
5.Please pray for small group ministry in Kanto area, Japan. Please pray especially that the Lord will give us wisdom to develop structure for leadership training.
6.Please pray for my home church, Takatsuki Evangelical Free Church.

Thank you very much for your prayers. God bless you all!!


In Him,

Yuko Ozeki
[PR]
by yukoozeki | 2012-05-02 04:55 | Bi-monthly Report

宣教報告2012年4月

「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです。」(ピリピ2:13)

♪OCママバイ開始♪

a0122207_441931.jpg昨年夏に4つの目標を立てましたが、そのうちの一つ、アーバインの地でのママさんバイブルスタディがやっと始まりました。
自分自身はアーバインの地を引っ越してしまったのですが、感謝なことにアーバインにお住まいの方が家庭を開放してくださることになりました。祈りに応えてくださる主に感謝します。

今回は子育てや結婚のことよりもまず自分の信仰をしっかり確立したい、とのリクエストが多く、みことばそのものから学んでいくバイブルスタディグループになりそうです。このグループが今後どのように発展していくかとても楽しみです。
 ただ、みなさん(私も含め)お子さんが小さいため、毎週必ずと言っていいほど、「子どもが風邪をひいたのでこれません。」という連絡が入ります。
また子どもたちも一緒に来るので、集中力も途切れがち。
このライフステージにいる方々は霊的に飢え渇いてはいても、なかなかみことばと祈りのために時間を割くことが難しい、という課題があります。主が知恵を与えてくださり、この交わりの中から、救いと霊的な成長、そして御霊の実を見ることができるようにお祈りください。 

 
♪日米合同主事会♪
a0122207_4431078.jpg3月15-18日まで、年に一度の日米合同主事会がもたれました。
昨年震災の直前にもたれた主事会で、5ヵ年目標として、「Transforming the changing world with an unchanging truth. 変わらない真理を以って変わり行く世界に変革をもたらす。 」ということを挙げました。改めて、この目標を今年のものとして受け止めると同時に、2012年度のゴールも去年に引き続き、「Empowering co-workers. 同労者のエンパワメント」となりました。

今年の11月には、第3回目のAll Nations Returnees Conferenceが日本で行われます。過去2回の大会を通して、全国各地に、帰国者をフォローアップするミニストリーや集会が生み出されてきました。今年も、神様がさらに多くの働き人たちを立ち上がらせてくださることを期待しています。そして、そのような志が与えられた人たちが効果的にミニストリーをしていくために、私たちJCFNスタッフが仕えることができれば、と願っています。主が今年度も多くの同労者たちを与えてくださるようにお祈りください。

 ♪シカゴTrip♪
a0122207_4442925.jpg4月13-15日は、二人の娘を夫に託し、サポートしてくださっている教会の宣教大会での奉仕のため、シカゴに行きました。

宣教大会では、JCFNの働きを紹介させていただき、また日本のために祈るときをもっていただきました。この教会は神学校時代に奉仕させていただいた懐かしい教会です。教会の方々や他の宣教師の方々との交わりにより、多くの励ましとよい刺激を受けました。
また、その前後には、神学校時代の友人を訪問したり、毎回150人もの日本人ママさんの来る英会話カフェをしているアメリカ人教会を訪問したり、メンターをしている学生と久しぶりに顔を合わせることができたり、と充実した3日間を過ごしました。久しぶりに日常生活を完全に離れ、、神様との関係や、今後のミニストリーについてゆっくりと深く考えることのできたこの機会を感謝しています。今後のミニストリーに生かしていければ、と願っています。

♪その他祈りの課題♪
1. フォローアップをした人たちが、帰国後も主にあって成長していくことができるように。日本の文化、教会、家族、色々な問題がある中で、神様につながることができるように。そして、彼らを支えるクリスチャンコミュニティが一人一人に与えられるようにお祈りください。
2. 引き続き主が経済的必要を満たしてくださるように。
3. ミニスターとして、妻として、母としての召しを感謝して受け止めつつ忠実に主に従うことができるように。
4. 昨年中に完成予定だったJCFN20周年記念誌の作成がなかなか終わりません。主からの力が与えられ、完成させることが出来るように。
5. 日本の関東地区でのスモールグループの働きのために。特にリーダーの育成のために主からの良い知恵が与えられ、また働き人が備えられるように。
6. 母教会の高槻福音自由教会の祝福のためにお祈りください。

皆様の上に、主の恵みと祝福が豊かにありますように!          

尾関 祐子
[PR]
by yukoozeki | 2012-05-02 04:46 | Bi-monthly Report

Ministry Report Feb 2012

“The coming of the kingdom of God is not something that can be observed, nor will people say, ‘Here it is,’ or ‘There it is,’ because the kingdom of God is in your midst.” (Luke 17:20-21)

a0122207_3382819.jpg


Thank you for your prayers. The 11th Equipper Conference was filled with many blessings. This year, we had about 300 people from all over the USA, Canada and Japan. We did have fewer participants from Japan than previous years. The theme was, “HERE I AM ~ The Kingdom of GOD is within us.” It was an encouraging conference and we received a lot of challenges as we bring the Kingdom of God wherever we are sent.
We especially had a lot of programs related to the 3.11 Eastern Japan disaster. We had testimonies of volunteers, ministry opportunities, prayer time for restoration of the disaster-stricken areas, and even a skit that was related to the disaster. We were reminded again and again of the serious situation in Japan and how God is sending us as His ambassadors.

At this conference, I spoke at the returnee seminar and women’s meeting. At the returnee seminar, I introduced “VIM” (Vision, Intention, and Method), a guideline of spiritual formation by Dallas Willard. I thought that it is very important for those who are returning to Japan to have a clear Vision of how they will live and what they do; Have a strong intention, and a concrete method to live out a Christian life in Japan. We then shared with each other our VIM. It was such a blessed time and I was greatly encouraged by their sharing. I was also grateful that the Returnee Worship CD was finally completed and were distributed to returnees after the seminar. Hope this encourages them, too!

It has already been a month and half since the conference was over and now we hear several new ministries began here and there, such as new outreach ministries and bible study groups in Chicago, Dallas, and Vancouver, Canada.
It is encouraging for us to see that those who come to EC do not just say that they are blessed but take a concrete step for the work of the Lord. Please pray that each one of the participants abide in the Word of God and live it out wherever they are.

 ♪BBWIT (Bridge Builder Whatever It Takes)♪
JCFN started the new ministry called, “BBWIT,” a leadership training camp in Tokyo, Japan from February 24th to 26th. The purpose of this camp is to train Bridge Builders (those who follow-up and support returnees in Japan) to be good leaders for returnee ministries. We have had five WIT camps to raise leaders in the USA since 2007. Most of the WIT participants have returned to Japan and serve as leaders where they are. This time, some WIT alumni are involved in the BBWIT as planning committee members.
WIT in Japan has not only a clear focus to learn leadership skills in order to support returnees, but also a purpose to recruit and equip leaders to plan the 3rd All Nations Returnees Conference, scheduled in November 2012.
Please pray for this brand new ministry.

♪Other Prayer Requests♪
1.Growth for those with whom we follow-up. Pray that amidst the Japanese culture, church, family, and other varying issues, these believers may remain connected to God, and that a Christian community will be provided for each one of them.
2.We have lived in Irvine for nine months and recently moved to Aliso Viejo in Orange County. At the same time, we completed a short church planting term at Calvary Chapel La Habra Japanese Fellowship. We are now looking for a church to belong to and serve as a family. Please pray that the Lord will lead us to find it. Please also pray for God’s continual guidance and blessings upon church planting work in Calvary Chapel La Habra Japanese Fellowship.
3.Please pray that the Lord will meet my financial needs. I need to raise approximately $1,500/ month this year and 108% was met in these two months. Praise the Lord!
4.We will have a JCFN US-Japan Joint Staff Meeting from March 15th to 18th. Please pray that we will be able to catch the God’s vision and make a good plan for the ministry coming year.
5.Please pray that I can be a faithful servant, holding onto the calling from God as a minister, wife and mother.
6.Please pray for my home church, Takatsuki Evangelical Free Church.

Thank you very much for your prayers. God bless you all!!


In Him,

Yuko Ozeki
[PR]
by yukoozeki | 2012-02-22 03:40 | Bi-monthly Report

宣教報告2012年2月

「神の国は、人の目で認められるようにして来るものではありません。『そら、ここにある。』とか、『あそこにある。』とか言えるようなものではありません。いいですか。神の国は、あなたがたのただ中にあるのです。」(ルカ17:20-21)

a0122207_3343076.jpg


むちゃくちゃ宣教報告が遅くなりました。汗
 
 お祈りをありがとうございました。第11回目のEquipper Conferenceが感謝のうちに終了しました。
今年は例年に比べ日本からの参加者が少なめでしたが、約300名ほどがアメリカ、カナダ、そして日本から集まり、「今ここに生きる~私たちの中にある神の国」というテーマで、自分がどこに遣わされても神の御国をもたらす者として歩むための励ましとチャレンジを受けるカンファレンスになりました。

 特に今回のECでは、昨年3月11日におきた震災を受け、カンファレンスの随所に、復興のための祈り、ボランティアの証、被災地における宣教のアピール等がもたれました。自分たちが今の日本に宣教のために遣わされる、ということの意味について何度も考えさせられるときとなりました。
 
 私自身は、帰国者セミナーと女性集会の企画を担当しました。特に帰国者セミナーでは、今年・来年日本に帰国する人たちへ、自分が帰国後どういう歩みをしたいか、しっかりとしたビジョン(Vision)を持つこと、そのことを行う決意(Intention)とそのための具体的な方法(Method)を考える、VIM(Vision, Intention, Method)というダラス・ウィラードの霊的形成のガイドラインを紹介しました。それに基づき、一人ひとりが自分のVIMを考え、シェアし、そのために祈りあう、という時間を持ちましたが、参加者の証を聞きながら私も大いに励まされました。また、帰国者応援ワーシップCDも無事に完成し、帰国予定者たちに配布することができたのも感謝なことでした。
 
 すでに修養会が終わって1ヶ月半がたとうとしていますが、今北米の各地で、新しいミニストリーが起されつつあります。シカゴやダラス、またカナダのバンクーバーでは、日本人のための新しいアウトリーチミニストリーがはじまりつつある、との報告を受けています。

 ただ、恵まれ、感謝だった、と喜ぶだけのものではなく、カンファレンス後に神様の働きのために具体的な一歩を踏み出すムーブメントがあることは、私たち主催者側として、大きな励ましです。引き続きEC参加者の一人ひとりが、遣わされる地で、神の御国をもたらす者としてみことばにとどまり、みことばに生きる日々を歩むことができるようにお祈りください。

 ♪BBWIT (Bridge Builder Whatever It Takes)♪ 
 
 JCFNでは今年新しい試みとして、日本におけるリーダーシップセミナーBBWIT(びびっと、と読みます)を2月下旬に東京で行うことになりました。このキャンプは、日本で帰国者たちをフォローし、支える人たち(Bridge Builders)のためのリーダーシップ訓練のために行います。これまでアメリカで、リーダーたちを育てる、WITキャンプを2007年から5回ほど行ってきました。参加した人たちの多くはすでに日本に帰国し、それぞれ遣わされた場で、リーダーとして仕えてくれています。今回、その日本版ということで、WITの卒業生がBBWITにも企画者として、また参加者として関わってくれています。
 
 日本でのWITは、帰国者を支援する、というフォーカスを持ちつつ、具体的にミニストリーを行うためのリーダーシップスキルについて学ぶと同時に、この11月に開催される、第3回目のAll Nations Returnees Conferenceでも賜物と訓練の成果を発揮し、企実務部隊として用いられることを願っています。
是非、この新しい働きのためにお祈りください。

♪その他祈りの課題♪
1. フォローアップをした人たちが、帰国後も主にあって成長していくことができるように。日本の文化、教会、家族、色々な問題がある中で、神様につながることができるように。そして、彼らを支えるクリスチャンコミュニティが一人一人に与えられるようにお祈りください。
2. 9ヶ月間住んだアーバインから、同じオレンジカウンティ内にある、アリソビエホというところに引っ越しました。と同時に、短期での開拓伝道の手伝いを終えることになり、現在、所属し奉仕する教会を祈り求めています。主が最善のところに導いてくださいますように。また、引き続き、カルバリーチャペル・ラハブラでの開拓伝道が主の祝福の内に進められるように。
3. 引き続き主が経済的必要を満たしてくださるように。
4. 3月15-18日まで日米合同主事会が行われます。主からのビジョンを受け、よいミニストリーの計画を立てることができるように。
5. ミニスターとして、妻として、母としての召しを感謝して受け止めつつ忠実に主に従うことができるように。
6. 母教会の高槻福音自由教会の祝福のためにお祈りください。
[PR]
by yukoozeki | 2012-02-22 03:37 | Bi-monthly Report

Ministry Report Nov 2011

Happy thanksgiving!

“Those who sow with tears will reap with songs of joy. Those who go out weeping, carrying seed to sow, will return with songs of joy, carrying sheaves with them (Psalms 126:5-6).”

It’s been chilly mornings and nights, even in Southern California. Fall has finally come.
I feel like this year has been flying by so quickly, especially since the birth of our second child and moving.
How are you all doing? Thank you, always, for your prayers and support.

♪SEEK2011♪

a0122207_5184658.jpgSEEK is a one-day evangelistic event, geared towards young people in the greater LA area. This year’s SEEK, as well as previous years, began with a sports event, followed by Korean BBQ dinner, stage performance of rap music, dance, gospel choir, and finally an evangelistic message at the end of the night.
This year, 250 people gathered, of which half are not Christians. They came through outreach ministries in LA and invitations from individual Christian friends.

a0122207_5192027.jpgEvery year, there are various challenges and drama, behind the scenes for those who prepare such events. This year, during the preparation time, I heard several core leaders sharing their fear and anxiety. However, with much prayer, SEEK went smoothly and closed in great success after all. Everybody carried out what they were entrusted with and did their best.
It was clear that SEEK was not people’s but God’s plan and that He did everything great and brought glory to His name.
Please pray for follow-up for non-believers who came to SEEK so that they will be led to a church and Christian fellowship and continually SEEK Jesus Christ.


♪Returnee Worship CD♪

I introduced four goals for myself in the previous newsletter. These are:

1.Starting a new bible study group for mothers in Irvine.
2.Mentoring (or Coaching) a few students or young adults.
3.Making new bible study materials and JCFN resources.
4.Do some ministry with my husband and/or family.

Thanks to God, each area has some progress. Especially, for my first goal, God gave me a new vision for a local ministry. It may start-up early next year. I will share with you in more detail in the next newsletter. Please pray for God’s guidance for this.

Also, God gave me a new project for goal number 3: Resource for returnees. A couple of months ago, one of our staff came up with the idea of making returnee worship CD and the production has begun. We sought artists, who are either returnees or partnering with returnee ministry, to donate a song attached with a message for returnees. The product turned out wonderfully and I, too, am greatly encouraged listening to the CD.

This CD is going to be included in the returnee packet and distributed as a gift for returnees at Equipper Conference at the end of the year. Please pray that this project will finish strong and become a great encouragement for returnees.

♪Other Prayer Requests♪

1.Machiko Miki got her R-1 VISA and settled in the USA as an office staff. Thank you for your prayers. Please pray for her adjustment as well as her financial needs to be met.

2.Growth for those with whom we follow-up. Pray that amidst the Japanese culture, church, family, and other varying issues, these believers may remain connected to God, and that a Christian community will be provided for each one of them.

3.Setsu Shimizu (Kuroda)’s deputation. During her support raise, she will step aside from her daily ministry and Chihiro Nakamura will take her position. Please pray that Setsu’s financial needs will be met soon so that she will be able to come back to the ministry. Also, pray for Chihiro who is serving as an interim director on top of her regular job description.

4.Please pray for the preparation for Equipper Conference at the end of the year. The last committee meeting was held on Nov. 12.

5.Please pray for church planting work for Japanese ministry at Calvary Chapel La Habra, where we are currently helping. Last month, a lady became a Christian as the first fruit. Hallelujah! Please pray that the Lord will send more people to the church.

6.Please pray that the Lord will meet my financial needs. (I need to raise approximately $1,500/ month this year and 91% was met in the previous six months.

7.Please pray that I can be a faithful servant, holding onto the calling from God as a minister, wife and mother.

8.Please pray for my home church, Takatsuki Evangelical Free Church.


Thank you very much for your prayers. God bless you all and have a great holiday season!!

In Him,

Yuko Ozeki
(U.S.): P.O. Box 17982, Irvine, CA 92623 USA Phone/Fax: 949-660-1236
E-mail:yozeki@jcfn.org Homepage: http://jcfn.org

Online Donation is also available. http://www.jcfn.org/donation
[PR]
by yukoozeki | 2011-11-22 05:19 | Bi-monthly Report

宣教報告2011年11月

Happy thanksgiving!

「涙とともに種を蒔く者は、喜び叫びながら刈り取ろう。種入れをかかえ、泣きながら出て行く者は、束をかかえ、喜び叫びながら帰って来る。」(詩篇126:5-6)

寒暖の差が激しい季節になりました。みなさん、お元気ですか?
今年は家の引越し、第2子の出産という大きな出来事があったためか、あっという間に一年経ってしまったような気がしています。いつもこの小さな者の働きを支えお祈りくださり、ありがとうございます。

♪SEEK2011♪ 

a0122207_503966.jpgLAの若者たちを対象にした伝道集会、SEEKが今年も開催されました。例年通り、運動会にはじまり、韓国焼肉でお腹を満たした後、ステージパフォーマンスで、ラップあり、ダンスあり、ゴスペルあり、の楽しい時間を過ごし、最後には福音をしっかり届ける、一日イベントです。
今年は250人程度が集められましたが、約半数はまだクリスチャンではありません。彼らはLA各地のミニストリーに何らかの形でつながっていたり、個人的にクリスチャンの友達に誘われたりしてやってきました。

a0122207_511320.jpg毎年、裏で企画をする学生たちには様々なドラマやチャレンジがあります。今年も準備をしている段階では、本当に開催できるのか、空中分解するんじゃないか、というような焦りや不安があり、祈りに力が入りましたが、ふたを開けてみると当日は、一人ひとりが自分の役割をしっかり果たし、スムーズに流れて行きました。
SEEKが人からのものではなく、神様によって企画され準備されたのだ、ということがよくわかり、皆で神様の栄光をほめたたえました。

引き続きこのイベントに来たノンクリスチャンたちがクリスチャンの交わりや教会に導かれるように、イベントが終わった後のフォローアップのために是非お祈りください。


♪帰国者ワーシップCD♪

前回のニュースレターで、今年度の4つの目標をあげました。

1.アーバインの地で新しくママさんバイブルスタディグループをはじめる。
2.学生や若い人たちのメンター(コーチング)をする。
3.JCFNのリソース、バイブルスタディのテキスト等を作る。
4.夫婦、家族でできるミニストリーをする。


感謝なことに、それぞれが少しずつ進みつつあります。特に1のローカルミニストリーですが、神様が新しいビジョンを与えてくださり、年明けから、本格的にミニストリーが始められるかもしれません。次回のニュースレターで詳しく紹介しますが、是非、今後の導きのためにお祈りください。

それから、3のリソースのことについての新しい進展がありました。数ヶ月ほど前に、帰国者のための応援ワーシップCDを作る企画が出され、早速制作に取り掛かることになりました。帰国者ミニストリーに関わっていたり、自分自身も帰国者であるクリスチャン・アーティストたちに協力をいただき、曲を一曲ずつささげてくださるようにお願いし、また帰国者たちへの応援メッセージを書いていただくことになったのですが、とても素敵なCDができあがってきていて、私自身もCDを聞きながら励まされています。

このCDは、年末に行われるイクイッパー・カンファレンスにて配布される、帰国者応援KITの中に収められ、近日中に帰国する人たちのためのプレゼントとさせていただく予定です。是非、よいものを完成させることができ、多くの帰国者たちの励ましとなるようにお祈りください。

♪その他祈りの課題♪

1.三木真智子姉が、無事にビザを取得し、アメリカ事務主事として本格的に稼動をはじめました!みなさんのお祈りを心より感謝いたします!是非彼女の働きのために、また引き続き経済的サポートを必要としていますので、お祈りください。

2.フォローアップをした人たちが、帰国後も主にあって成長していくことができるように。日本の文化、教会、家族、色々な問題がある中で、神様につながることができるように。そして、彼らを支えるクリスチャンコミュニティが一人一人に与えられるようにお祈りください。

3.総主事の清水(旧姓黒田)摂姉のサポートレイズのためにお祈りください。サポートレイズ期間中は日常業務から離れ、中村千尋姉が代行として総主事職を負っています。清水姉のサポートが早く満たされ、通常業務に復帰できるように、また、その間重責を担う中村主事のためにお祈りください。

4.年末行われるイクイッパーカンファレンスの準備のためにお祈りください。最後の実行委員会が11月12日に行われ、アメリカ各地から準備委員たちが集まりました。

5.短期で開拓を手伝っている、カルバリーチャペルラハブラの日本語部ミニストリーのために。先月は一人の方が信仰告白に導かれました!ハレルヤ!主が引き続き新しい人を教会に送ってくださるようにお祈りください。

6.引き続き主が経済的必要を満たしてくださるように。

7.ミニスターとして、妻として、母としての召しを感謝して受け止めつつ忠実に主に従うことができるように。

8.母教会の高槻福音自由教会の祝福のためにお祈りください。

皆様の上に、主の恵みと祝福が豊かにありますように!          

尾関 祐子

オンラインでの献金も可能です。http://www.jcfn.org/donation
[PR]
by yukoozeki | 2011-11-22 05:02 | Bi-monthly Report

宣教報告2011年9月

「あなたといっしょにいる民は多すぎるから、わたしはミデヤン人を彼らの手に渡さない。イスラエルが、『自分の手で自分を救った』と言って、わたしに向かって誇るといけないから。」(士師記7:2)

あっという間に夏も終わりに近づき、LAでは、朝夕随分涼しくなってきました。

東日本大震災からは早くも半年が経とうとしていますが、復興作業の立ち遅れや放射能汚染の問題、心のケアなど長期的な祈りと取り組みを必要としています。尚も苦しみ、悩んでいる人たちの上に、人知をはるかに超えた主の平安が臨んでくださるように祈ります。

さて、私は7月6日から産休を終えて仕事に復帰しています。子どもが二人に増えたことにより家事や育児とミニストリーの両立はますます難しくなってきており、一日が終わるとぐったり、という日も少なくありません。日々の重荷を神様の前に下ろし祈る中で、上のみことばが与えられています。これはギデオンがミデヤン人と戦うにあたり、神様がイスラエル軍の戦士の数を300人までに減らされ、その上で大勝利を収めてくださった、その直前に語られたみことばです。私も、結婚→出産→二人目の出産、と続く中で、まるでどんどん戦士の数を減らされているような気がしています。しかし、神様は、自分の知恵や力を頼るのではなく神様を頼るときに、神様ご自身が働き勝利を与えてくださる、と約束してくださっています。ますます信仰を働かせつつ、自分ではなく神様をより頼み、神様のすばらしさを体験したいと思わされる毎日です。

♪4つの目標♪

産休、家の引越し、そして新しい事務主事の就任。これらが重なったことは、自分の今までのミニストリーをリセットし、もう一度新しい目標を立てるのにはとても良いチャンスとなりました。

それで新たに今年力を入れるべきミニストリーに関して祈りながら4つの目標を立てました。

1.アーバインの地で新しくママさんバイブルスタディグループをはじめる。
2.学生や若い人たちのメンター(コーチング)をする。
3.JCFNのリソース、バイブルスタディのテキスト等を作る。
4.夫婦、家族でできるミニストリーをする。

ママさんバイブルスタディに関しては引越し前、サウスベイ地域でやっていたのですが、今回引っ越すにあたり、新しい人たちと新しいグループをはじめたい、という思いが与えられました。幸い、サウスベイのママバイは私が引越した後、さらに人数が増え、祝福された学びが続いているようです。感謝です。是非、新しいグループをはじめることができるようにお祈りください。

a0122207_1594973.jpga0122207_232856.jpg次に、メンタリング(コーチング)。これは定期的に個人と会って弟子訓練やその人の成長のために祈り関わるということです。イエス様が12人の弟子の中でも特に3人(ペテロ、ヤコブ、ヨハネ)を選ばれ訓練されたことにならい、3人の関わるべき人が与えられることを祈りはじめたところ、すでに祈りが答えられつつあります。一人は去年の秋から会い続けているMさん。彼女はこの秋からシカゴの聖書学校に入学することになりましたが、スカイプで継続的に関わり続けることになりました。二人目は、Yさん。彼女はこの夏の終わりに日本に帰国することが決まり、集中的に帰国準備のための学びをしています。もう一人はMさん。彼女はこの年末に行われるイクイッパーカンファレンスで、共に女性集会の企画チームに入ったため、個人的に関わることになりました。人の移動の多いミニストリーなので、関われる期間は限定されていますが、そのとき、そのとき与えられている人たちに忠実に関わることができれば、と祈らされています。

3つ目のJCFNのリソースというのは、帰国に関する学びの資料やバイブルスタディのテキストの作成、ということです。10年間帰国者たちに関わる中で得た情報や知恵を、文書や、データとしてなるべくミニストリーの後継者たち、そしてこれからも帰国し続けていく人たちに残していきたい、と思っています。今年はJCFNが20周年を迎えるにあたり記念誌を出版することになり、現在はその編集作業をさせていただいています。年末までには出版される予定です。

最後の夫婦・家族でのミニストリーですが、これはまだまだ未知数です。ただ、この秋から3ヶ月限定で友人の教会開拓のお手伝いをすることになりましたので、その中で色々なニーズが見えてくるかもしれません。家族で主に仕えることができることは大きな恵みです。主の導きを引き続き祈っていきたいと思っています。

もちろんこれら4つのことに加えて日々のフォローアップや色々な行事や事務作業もあります。主からの知恵を与えられ、主によりたのみつつ日々過ごすことができるようにお祈りください。

♪その他祈りの課題♪

1.フォローアップをした人たちが、帰国後も主にあって成長していくことができるように。日本の文化、教会、家族、色々な問題がある中で、神様につながることができるように。そして、彼らを支えるクリスチャンコミュニティが一人一人に与えられるように。
2.4月に就任した三木事務主事ですが、ビザの関係で現在日本に一時帰国中です。当初は7月にビザが取れる予定でしたが、10月頃まで遅れる可能性があり日本で待機しつつ事務をしてくださっています。そのため、私も引き続き事務の一部を担うことになりました。一日も早くビザが与えられ、三木姉がアメリカの事務所に戻ってくることができるようにお祈りください。
3.総主事の清水(旧姓黒田)摂姉がサポートレイズのため、年末まで日常業務から離れることになり、中村千尋姉が現在代行として総主事職を引き継いでいます。清水姉のサポートが無事に満たされて来年から通常業務に復帰できるように、また、その間重責を担う中村主事のためにお祈りください。
4.引き続き主が経済的必要を満たしてくださるように。
5.ミニスターとして、妻として、母としての召しを感謝して受け止めつつ忠実に主に従うことができるように。
6.母教会の高槻福音自由教会の祝福のためにお祈りください。

皆様の上に、主の恵みと祝福が豊かにありますように!          

尾関 祐子
[PR]
by yukoozeki | 2011-09-09 02:05 | Bi-monthly Report

宣教報告2011年5月

「わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。」(ヨハネ14:27)

東日本を襲った大震災から早くも2ヶ月すぎが経過しようとしています。
津波や地震の復興だけでなく、今もなお余震や放射能の汚染などの問題がある中、しばしば上記のみことばをかみしめています。苦しみ、悩んでいる人たちの上に、人知をはるかに超えた主の平安が臨んでくださるように祈ります。

震災の起きた3月11日以来、アメリカにあるいくつもの教会や団体からJCFNに「日本のために何かしたいのだがどこに連絡を取ったらよいか。」という問い合わせがくるようになりました。”Japanese Christian”という検索をしてコンタクトをしてきてくれる人たちです。海外と日本をつなぐ橋渡しの働きがこのような形でも用いられることは本当に感謝なことです。また、被災地では、海外からくるボランティアたちとのコミュニケーションのために、通訳のできる人材を必要としているそうで、日本ではJCFNスタッフやメンバーがしばしば被災地に行きボランティア活動をしています。

以下ボランティアの問い合わせ先、また献金の送り先です。
CRASH JAPAN
電話 アメリカからの問い合わせ:213-457-3154、日本からの問い合わせ:050-5534-5729
http://www.crashjapan.com/
震災のことを祈るとき、復興を祈ると共に、以前と同じ日本に戻るのではなく、このことを通して主の偉大な御業が現され、日本にリバイバルが起こること、そのための働き人たちが多く起こされていくことを願ってやみません。共に祈っていきましょう。

♪合同主事会♪ 

a0122207_14595534.jpg話は前後しますが、震災の起こる1週間前、3月はじめに年に一度の日米合同主事会がもたれました。今年はJCFNが20周年を迎えるということで、新しいビジョンを求めるところから話し合いがはじまりました。北米における日本人留学生の減少、気質の変化、また日本や世界の状況の変化の中で求められる、「帰国者のEquip(整える)」とは何か?等熱いディスカッションがもたれました。
 
続いて具体的なミニストリーの方向性を話しあう中でまとまったことは、働き人を育てることにフォーカスを置いていく、ということでした。そしてミニストリーに携わる人たちが良い働きができるように、リソースを提供すること、またそれをバックアップするためのアドミニストレーション(事務環境)の整備、等の課題が挙げられました。

合同主事会後、具体的な計画を立てよう、という段階に入ったときに震災が起こり、色々な意味で計画の変更が起こってきています。そして、日本は3月11日以来まったく変わってしまいました。しかし基本的に働き人たちを育てる、という今年のゴールは変わりません。状況の変化がある中で、変わることのない主のみことばに堅く立つことのできる者になり、またそのように育てていきたいと思わされています。


♪引越し、そして産休♪

お祈りをありがとうございました。3月12日に長く住み慣れたロングビーチから、新しいJCFN事務所のあるアーバインにやっと引っ越してきました。新しいアパートはなぜかインドの人たちがたくさん住んでいます。この町は、インド人や中国人のコンピュータ技術者がとても多いのです。

また、日本の企業もたくさん入っており、駐在員たちも多く日本語の幼稚園もいくつかあります。2歳半を超えた娘を幼稚園に週2日通わせる中、そこで知り合う日本人の家族たちにリーチアウト(伝道)をしたいと祈っています。アーバインの地でも、ママのバイブルスタディをはじめたいと祈りはじめました。

a0122207_1504658.jpg しかしその前に産休に突入。4月6日に元気な女の子を出産しました。名前は、アイリーン(愛隣)・ホサナです。二人の母となり、今後どのような形でミニストリーに関わっていくのかを祈りもとめています。是非皆様も祈りに覚えてくださると幸いです。

a0122207_151783.jpg感謝なことに、日本で事務主事として就任準備をしていた三木真智子姉が、4月2日からJCFNのスタッフとして就任し、ぎりぎりで引継ぎをすることが出来ました。彼女がこれからJCFNの会計をはじめ、雑多な事務をすべて引き受けてくれます。私たち他の主事たちはもう少しミニストリーに専念できることになりました。彼女の働きも覚えてお祈りください。

♪その他祈りの課題♪

1.フォローアップをした人たちが、帰国後も主にあって成長していくことができるように。日本の文化、教会、家族、色々な問題がある中で、神様につながることができるように。そして、彼らを支えるクリスチャンコミュニティが一人一人に与えられるように。
2.前年度のサポートがほぼ満たされたことを感謝します!(99%) 4月からの必要額は約15万円です。引き続き主が満たしてくださるように。
3.ミニスターとして、妻として、母としての召しを感謝して受け止めつつ忠実に主に従うことができるように。
4.母教会の高槻福音自由教会の祝福のためにお祈りください。
[PR]
by yukoozeki | 2011-05-26 15:03 | Bi-monthly Report

宣教報告2011年1月

「平和の神ご自身が、あなたがたを全く聖なる者としてくださいますように。主イエス・キリストの来臨のとき、責められるところのないように、あなたがたの霊、たましい、からだが完全に守られますように。あなたがたを召された方は真実ですから、きっとそのことをして下さいます。」(1テサロニケ5:23-24)

a0122207_1004356.jpg


「神様の聖さが自分の内にあるということに対して確信を持って力強く生きることを教えられた」

「アメリカでいちばん恋しかった日本語での学び、交わり、悔い改めの導き、祈り、友を与えてくださった」

「自分を傷つけた人や赦すべき人を赦すことが出来た」

「自分の主に対する応答が次に続くと言うことを学んだ」

「私たちが一人一人忠実に従って行けば日本にリバイバルがおこる」


今年も祝福の内に、イクイッパー・カンファレンス(EC)が終わりました。
約360人が、アメリカ、日本、カナダ、韓国、イギリス、ニュージーランドから集まり、「聖なる方はあなたの内に~Reflect His Holiness」というテーマで、神様のきよさ、私たちクリスチャンが救いによってそのきよさにあずかったこと、私たちを内側からつくりかえてくださる神様の力、等を学びまた体験したカンファレンスとなりました。(以下はハイライトビデオ)



今年のECは10回目。奇しくもJCFNの20周年に当たり、また私のJCFNでの主事生活の10年目に当たる節目の年でもありました。ECの中では、JCFN20周年の記念式典が持たれ、何人かの留学生たちが、自分たちの課題である帰国と日本での信仰生活、そしてまだ救われていない家族への宣教等を祈りながら、JCFNを創設した20年前から今日までの歩みを振り返り、神様に感謝をささげるときを持ちました。

a0122207_1024693.jpg個人的には、やはり自分が担当した女性集会がハイライトとなりました。集会は、「キリストの花嫁として整えられる。」というテーマで、私たちを縛っているもの(依存)からの解放と、キリストにある本当の自立ということについて4人の姉妹たちが証をしてくれました。準備を進めていく中で、とても重い問題を取り扱った証が出てきたり、導入用に作ってもらったビデオが、私の想像以上に深い依存症を取りあげていたり、と、集会がはじまる前から、これは神様が私の思いやコントロールを超えたところで何かをしようとしておられるのだな、という予感がしていました。

集会後、色々な方々から、色々なフィードバックをいただき、まさに予感は的中していたようです。当たり前のことですが、参加者一人ひとりの持つ問題は、一回の集会では解決できないものも多く、ここから解放のプロセスがやっとはじまる、という印象を受けました。

女性集会だけでなく、今回のEC全体のテーマである、「きよさ」についても同じことで、私たちは繰り返し繰り返し同じような罪を犯しながら日々歩み、しかし神様の憐れみと恵みによって少しずつ聖化の道を歩ませていただけるのです。一回決心をしたからもう二度と罪を犯さないわけではなく、自分の意思ではどうにもならないところに神様の力を体験していきます。

今回のECは、まさに参加者の一人ひとりが「救われるとはどういうことか」「クリスチャンとして歩むとはどういうことか」ということについて深く学ばされたときとなったと思います。そしてこれは、彼らが今後どこに遣わされたとしても本当に確信として握り締めていくべきことです。今年も30名~50名ほどの参加者は、日本に帰国することになります。是非彼らのこれからの歩みのために、お祈りください。また、すでにEC2011の準備が始まろうとしています。主が今年もECの準備を導いてくださるようにお祈りください。

♪その他祈りの課題♪

1.フォローアップをした人たちが、帰国後も主にあって成長していくことができるように。日本の文化、教会、家族、色々な問題がある中で、神様につながることができるように。そして、彼らを支えるクリスチャンコミュニティが一人一人に与えられるように。
2.経済的な必要が満たされるように。必要額は約14万円です。主が満たしてくださるように。
3.引き続き胎の実が守られますように。4月から約1ヵ月半産休を取る予定です。その前に、ECの事後処理、2月には男女セミナー奉仕、3月には合同主事会と忙しい日々が続きます。体調が守られるように。
4.現在アメリカの事務主事としてデピュテーション中の三木真智子姉に4月就任のための必要が満たされるように。
5.出産前に、新しい家が与えられ、無事に引越しが終わるように。
6.ミニスターとして、妻として、母としての召しを感謝して受け止めつつ忠実に主に従うことができるように。
7.母教会の高槻福音自由教会の祝福のためにお祈りください。

皆様の上に、主の恵みと祝福が豊かにありますように!
[PR]
by yukoozeki | 2011-02-01 10:05 | Bi-monthly Report

宣教報告2010年11月

Merry Christmas & A Happy New Year!
「あなたの若さは、鷲のように、新しくなる。」詩篇103:5b


a0122207_3255613.jpg鷲は羽根の生え換わりのとき、羽根を岩肌にこすりつけ古い羽根を落とし、新しい羽根が生えそろう時を待つそうです。私たちの若さも新しくされるときには、時に羽根が抜けるような痛みが伴い、不必要なものが取り去られる時を通ります。
来年20周年を迎えるJCFNと共に、私自身も引き続き羽根の生え換わりの時期を通っているのかもしれません。相変わらず子育てとミニストリーのバランスに四苦八苦しながら、フルタイムで主婦と母親をつつフルタイムで主の働き人であるためにはどうすればいいのか、試行錯誤しています。主によって新しくされ、力が与えられることを引き続き祈りつつ、日々の歩みを送っています。

♪SEEK2010~愛dentity♪
a0122207_326361.jpg今年も去る10月2日、オレンジカウンティにあるサランチャーチを会場にして、アウトリーチイベント、SEEKが行われました。300人以上の参加者が与えられ、内約100人はノンクリスチャンでした。一回のイベントに100人ものノンクリスチャンが集まるとは、やはり日本では考えられないような恵みです。海外における日本人宣教の祝福を改めて実感するひと時となりました。
当日は、地域別チーム対抗運動会をして体と心をリラックスさせた後、おいしい韓国焼肉をおなか一杯食べ、そして続きステージではゴスペルやスキットを楽しんだ後、ストレートな福音を語るメッセージに耳を傾けました。このイベントをきっかけとして、まだイエス・キリストと出会っていない人たちが求道の思いを持ち、救いを得ることができるように、お祈りください。

♪男女交際セミナー♪
10月31日、とある教会の青年会に呼ばれて、夫婦+αで男女交際セミナーを行いました。そのビデオがFacebookでアップされたところ、ビデオを見た人たちの中から、悔い改めや解放の祈りをした、という報告が届いたり、他の教会の青年会やユースグループでビデオを使わせてほしい、との依頼があったり、と意外に大きな反響をよび、感謝しています。学生、青年時代のクリスチャンにとって、この問題へのニーズがいかにあるかを再認識させられています。クリスチャンとして歩む中でもっとも大きな戦いの一つである性について、もっと様々な機会に、オープンに、そして突っ込んで話をしていく必要がある、と改めて思わされます。
 これとは別で1月に、また別のグループで、男女のことについて夫婦で話す機会が与えられています。主が引き続き用いてくださるようにお祈りください。

♪その他祈りの課題♪
1.フォローアップをした人たちが、帰国後も主にあって成長していくことができるように。日本の文化、教会、家族、色々な問題がある中で、神様につながることができるように。そして、彼らを支えるクリスチャンコミュニティが一人一人に与えられるように。
2.引き続き経済的な必要が満たされるように。必要額は約14万円です。主が満たしてくださるように。
3.感謝なことに新しい命が与えられました。現在妊娠5ヶ月で、来年4月下旬に第2子を出産の予定です。主が胎の実を守ってくださり、この期間が守られ、無事に健康な子どもを出産することができるようにお祈りください。
4.現在アメリカの事務主事としてデピュテーション中の三木真智子姉が、私の産休がはじまる4月の就任を目指しています。主が必要を満たしてくださいますように。
5.一人の学生とメンタリングを始めました。彼女との時間が祝福されるように、また、問題を見極める力が与えられ、適切な助言と適切なリソースを提供することができるようにお祈りください。
6.新しいJCFN事務所に近い場所に引越しを考えています。主が良い場所を備えてくださり、新しい家をも主の働きのために用いてくださいますように。
7.ミニスターとして、妻として、母としての召しを感謝して受け止めつつ忠実に主に従うことができるように。
8.母教会の高槻福音自由教会の祝福のためにお祈りください。
[PR]
by yukoozeki | 2010-12-03 03:28 | Bi-monthly Report