宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

絶対に断りません!

ママバイ最終日の学びの中で、Rick おじちゃんが言っていたことが心に残っている。

「私は17歳のときに、自分を神様にささげる決心をしました。『神様、どうぞ私を用いてください。
いつでも、どこでも、用いてください。絶対に断りません。』これを祈ってから、神様は本当に私を用いてくださり続けています。」

この「絶対に断りません。」という祈りはすごい。
私も「神様、自分をおささげします。どうぞ用いてください。」という祈りはしていても、、「絶対に断りません。」とまではなかなか言えなかったし、実際、何か神様からの促しを感じても、やらなかったことは結構ある。
しゅーん。
しかし、「絶対に断りません!」と祈る勇気がな~~~~い!!(涙涙)

そこで思い出したのが、「信じます。不信仰な私をお助けください。」という息子を癒していただいたお父さんのセリフ。私もこれでいこう、と思い、

「神様、絶対に断りません!と祈れません。でも、不信仰な私を助けてください。」

と祈ったら、次の日、さっそく留守電が残っていた。

「あの~、先日電話をもらった○○です。こないだあなたが電話をしたのは人違いです。あれは私ではありません。連絡してください。待っています。」


++++


実は1ヶ月ぐらい前に、とあるアメリカ人のクリスチャン女性がJCFNにコンタクトをしてきた。「ロングビーチに住んでいる日本人の男性で多分50台~60台ぐらいの人がいる。どうも神様を求めているっぽい。教会に連れて行ったりしてあげる人を探している。友達になってあげてもらえないか。」

うーむ。ロングビーチには50台の男性を紹介できるような日本人教会は残念ながらない。
そして、JCFNのスタッフは若い(?ちょっとずぅずぅしい?)女性ばかり。50~60台のおじちゃんのお友達になるにはあまり適切ではないのでは?
どうしよう...、と思いながらも、一応言われた番号に電話をしてみた。

すると、

「あなた、誰ですか?なんで電話かけてきたんですか?」

「えー、えーと、Debbieさんという人の友達でクリスチャンなんですけど、一度お家を訪問してもいいでしょうか。お話できたら、と思うのですが...」

「うちは宗教はいりません!興味ありませんので。」

と、けんもほろろに断られてしまった。


++++

ちなみに、アメリカ人のクリスチャンから連絡が来て、「彼・彼女は興味があるから教会を紹介してほしい。」と言われていざコンタクトを取ってみると、単に友達がほしかったからバイブルスタディに行っていただけ、とか、断れなくて教会に行き続けていました、とか、そういうパターンはよくある。

ので、「またか。Noと言えない日本人と、自己主張するアメリカ人のミスコミュニケーションってよくあるのよね。」と思って電話を切った。


++++


という出来事があったのだ。
そうか、あのことには続きがあったのか。

人違い....。そういえば、何人かの家族で住んでいると言っていた。彼じゃなくてお兄さんとかとしゃべったのかもしれない。

はてさて、どうしようか。連絡をとってもいいけれど、なんだか気が進まないなー。(←冷たい)
どうしよー。CちゃんもSちゃんもUrbanaに行っちゃったよ~~~。相談できる人がいないよ~~~。オットに電話かけてもらおうかな~~~。

しかし、土曜日の晩である。そして、オットは休日返上で仕事をしている。次の日は日曜日、教会に誘うなら今日電話をしなければならない。

うぅ。

1時間ほどうだうだ考えていたときに、そういえば、デボーションで祈っちゃったよ~~。不信仰な私を助けてください、って。

と思い出したため、電話をした。


「もしもし。あのー、連絡を受けた者ですけど、教会とかキリスト教とか興味あるんですか?」とおそるおそる聞いてみたところ、
「はい!!実は1年ほどこの機会を待っていたんです!!!!」



!!!!!え~~~~~~???ばりばりの求道者???



しかし、Debbieさんが間違っていたのは、彼は、日本人ではなく、日系アメリカ人。つまり日本語はほとんど話さない。

幸いなことに私の行っている教会は、日系人教会で英語部も日語部もある。じゃあ、英語部に連れて行こう。
ということでとんとん拍子に話が進み、今日一緒に教会に行くことが出来た。

行き帰りの車の中で少ししゃべったことには、彼は本当に小さなときに日曜学校に通っていたこと、数年前ににクリスチャンの人と出会い、それから1対1で間個人的にバイブルスタディをしていたのだが、昨年その方が、LAの方に引っ越してしまい、距離が離れたため、バイブルスタディができなくなってしまったこと、そして1年間ずっと聖書を学ぶ機会を待っていたこと...。


あ~~、電話してよかったよ。ほんと。
彼の祈り、友達のクリスチャンの祈りがきっと聞かれて、神様は、Debbieさんを用い、そして、私たち夫婦を用いてくださったのね。

「絶対に断りません!」とは祈れなかったけれど、「不信仰な私をお助けください。」と祈った祈りを神様が聞いてくださったことを心から感謝。

これからどういう風に彼と関わっていくのかはわからない。
でも、少なくとも彼が自分で通える範囲の場所で、クリスチャンのコミュニティを見つけることができるまでお手伝いできれば、と思っている。
[PR]
by yukoozeki | 2009-12-28 16:16 | Daily Ministry

踊るムスメ2

また新しいビデオがUpされました。
親ばかぶりを笑ってやってください。

ムスメは歌や踊りが大好きなようです。
しかし、普段はなかなか一緒に座って、歌ってあげる時間がない。ムスメよ、ごめん。
たまにやると喜んでいつまでも踊っています。
最近は、だんだん言葉もわかりだしてきています。

感謝なことにJCFNの同僚たち2人は、二人とも子どもが大好き。私がムスメをOfficeに連れて行くたびに、色々な芸を仕込んでくれます。(その間に、私が仕事をすることができるように、との配慮です。サボっているわけではありませぬ。誤解なきよう。)新しいダンスはそのようなときに開発されるようです。そして、それを家で披露してくれるのです。


[PR]
by yukoozeki | 2009-12-23 16:35 | 動画

刺激されてまっか?

先日、JCFN日米スタッフ合同のオンライン訓練会があり、Willow CreekのLeadership Summitのビデオをみんなで一本見た。
お題は、どのようにして、自分がいつもミニストリーに対してやる気を出すため(Motivatedされるため)の刺激(Inspiration)をえることができるか、ってこと。

これは結構重要な課題だ。
ミニストリーにフルタイムで関わっているといえども、いつでもミタマっくす(聖霊充満状態のこと)でいることは難しい。しかし、「今日は伝道やる気しなーい。」と言うわけにもいかない。
要は、セルフリーダーシップの問題だ。
自分がいつもやる気であるためには、自ら霊的に良い状態に持っていくために刺激を受ける必要があり、そういう刺激を受ける環境に自分を置くことが大切だ、ってこと。

これって、フルタイムミニストリーをしている人でなくても同じことだよね。

「霊的に落ちてるの~。」とか、よく気軽に会話の中で出てくるし、自分でも言ったりするけれど、要するにこういう時って、神様にしっかりつながって祈ったり聖書を読んだりしていない、ということが原因だったりすることが多いわけだし。要は、落ちてる、ってわかってるんだったら、デボーションしろっつーの!というのが、セルフリーダーシップってことね。

Anyway。

講義をしているのは、ビル・ハイベル師。Willow Creek教会の主任牧師である。
彼によると、Inspireされるためには、10個ぐらいの秘訣があるらしい。

1.神様からのCallingがいつも明確であるようにする。
2.与えられた霊的賜物を最大活用する。
3.Inspiringな人たちを自分のチームに置く。
4.Inspiringな本を読む。
5.自分を超Inspireしてくれる人たちと触れ合う機会をそこここで持つ。
6.自分を超Inspireしてくれるeventに参加する。
7.肉体的にもちゃんと整えられる。→運動しろ、ってこと。
8.仕事環境を整える。→整理整頓もそうだけど、自分をInspireするみことばとかを貼っておくとか。
9.仕事以外にもInspiringなレクリエーションのときを確保する。
10.霊的にいつもフレッシュな状態でいれるように、毎日のデボーションをしっかり持つ。

なるほど~。納得です。

で、私的にはかなり印象に残ったし、他のスタッフたちも何人か「これ、必要!」と言っていたのが、5番の自分をinspireしてくれる人との出会いや定期的なコンタクト。
こういう自分を刺激してくれる人のことを、VIPならぬEIPというらしい。(Exceptionally Inspiring Person)

うちのボスもかなりEIPだと思う。(ま、旅ばっかりしてるから、あまり話す機会無いけどね。)
しかし感謝なことに、この2週間ぐらい立て続けに何人かのEIPと会う機会が与えられて、「よっしゃ~~~。私もガンバる~~~!」という気にさせられている。

もちろん色々な制限はあるけれど、時間を賢く使いながら、神様に導かれていることを見極めながら、情熱をもって進めていきたいなあ、と思わされた。
[PR]
by yukoozeki | 2009-12-21 13:44 | Daily Ministry

つれづれなるままに。

最近すっかりブログからご無沙汰していたのは、最近立て続けに、説教奉仕が入ったためでした。
説教内容もブログにUpしようかと一瞬思ったのですが、またどこかで使い回しをするかもしれないから、というセコい理由でやめました。(^_^;)

毎日のミニストリーと家事に追われる生活の中で、説教準備の時間を捻出するのは相当なチャレンジで、かなり日常の仕事を圧迫してしまったのですが、この夏ぐらいから始まった、出産後ミニストリーへの復帰への道のりを今回の奉仕を通してさらに進めることができた気がして少しよい気分です。
(実は機会がなかったわけではなかったが、とてもとても、ムリ!と思い上手に避けていた。汗)

ところで今回気がついたこと。
私はどうもシャワーを浴びているときに、よいネタを思いつくらしい。
机に向かっていて、随分粘っていても出てこないアイデアが、シャワーを浴びるとするするっと出てくる。
これから、煮詰まったらシャワーをあびよう。うむ。

シャワーはともかく。

ミニストリーに復帰ができているのはよいことだが、その分、ムスメに負担をかけているかもしれない、と今日改めて思わされました。

普段はあまり、ギャーギャー言わない、良い子なのですが、ここ2~3日は、ちょっと夕方以降疲れてご機嫌斜め。それに、6時半か7時には目を覚まして、私をたたき起こすムスメが今日はめずらしく私が起きてからもしばらくは起きてこなかった。しかも、昼寝も途中で起さなければならなかった。(あまり長すぎると夜寝れなくなる為。)

今日は、晩にも会議が入っていたし、朝からびっちりスケジュールが埋まっていて疲れていたので、夫に寝かしつけを頼もうかと思ったけれど、号泣して抵抗し、私に抱きついて離れなかった。本当にめずらしい。(結局しばらく一緒にいたら落ち着いて寝てくれた。しかし会議は30分遅刻。涙。)

バランスが大切です。
自分が無理すると家族にしわ寄せがいきます。
オットは大人なので我慢してくれますが、子どもはそういうわけにはいかないものね。

明日も朝からママバイスタ。そして晩はまたミーティングへでかける。ムスメよ、ごめん。

あさっては少しゆっくりした時間を過ごそうと思います。
[PR]
by yukoozeki | 2009-12-16 16:40 | Daily Ministry