宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

宣教報告2010年2月

「あなたがたのうちに良い働きを始められた方は、キリスト・イエスの日が来るまでにそれを完成させてくださることを私は堅く信じているのです。」(ピリピ1:6)

年末に一枚のクリスマスカードをいただきました。「1月末には日本に帰国します。今までお世話になりました。」。彼女は、去年の2月、友達の紹介で我が家のバイブルスタディに来てくれた人です。まだクリスチャンではなかったのですが、真面目にみことばに取り組む姿が印象的で、一日も早く救われて欲しいな、と祈っていました。

a0122207_9421853.jpg彼女が帰国する前に、一緒に食事をしましょう、ということで、バイブルスタディ仲間と集まりました。そこで彼女は、その食事会の一週間前に、イエス様を自分の救い主として受け入れるお祈りをした、とうれしい報告をしてくれたのでした。ハレルヤ!
彼女はそれからまもなく日本に帰国していきました。家族にはクリスチャンは一人もおらず、クリスチャンの友人もいません。何よりも彼女自身も信仰を持ちたてほやほやで、クリスチャンとしての歩みを始めたばかりです。帰国の準備のための学びができたらよかったのですが、その時間もありませんでした。しかし、神様は彼女をこのタイミングで救いに導かれたのだから、これが最善なのでしょう。

先日帰国者たちに向けたアンケートを実施しました。その中で、帰国者たちへのアドバイスは何ですか?と質問したところ、もっとも多かった答えは、「神様が最善の教会を用意してくださっていると信じ、あきらめずに教会を探すこと。」でした。そして、送り出す人たちへのアドバイスは何ですか?と質問したところ、もっとも多かった答えは、「帰国後も引き続き、祈りながら、コンタクトを取り続けて欲しい。日本の教会にしっかり定着するまで、励まし続けてほしい。」ということでした。

帰国者本人も送り出す人たちも長期戦の覚悟が必要だ、ということかもしれません。彼女の信仰告白は、ゴールではありません。新しい歩みが始まったばかりなのです。継続して祈り関わっていきたいと思います。是非お祈りください。

♪帰国者リソースプロジェクト♪

a0122207_9384389.jpg子どもが生まれてから仕事の内容が随分変わりつつあります。限られた時間の中で、限られたことしか出来ないため、今まで何でもかんでもやっていたのを絞らざるを得なくなったのです。そのような中で、今まで以上に広げられている働きは、リソース系のプロジェクトです。今までは緊急の仕事が入りすぎていて、じっくりと考えたり時間をかけるプロジェクトに手が回らなかったのですが、そのような仕事ができなくなってしまった今になってようやく手がけることができはじめています。感謝なことです。
特に、この3月に行われるAll Nations Returnees Conference に焦点を合わせ、先述した帰国者対象にしたアンケート調査や、教会向け帰国者受け入れ小冊子の作成、また、帰国者ワークブックの編集等など、「これぞ、帰国者ミニストリーの真髄」というプロジェクトに取り組んでいます。

一見地味なこの作業をしながら、自分が10年間色々な人たちと関わりあう中で聞いてきた生の声を、もう一度体系立ててまとめ、具体的な形で資料として残すことができることに喜びを感じています。帰国者ミニストリーへの理解を深め、その働きを広げていくために、役に立つことを願ってやみません。多くの人たちのために用いられることを祈りつつ進めていきたいと思っています。また、形になりましたら折々にみなさんにも紹介していきたいと思っています。お楽しみに!

♪ママバイスタその後♪


a0122207_9402449.jpg9月から始まったママバイスタは、12月にシリーズが終わり、一旦終了しました。次回は、4月から今度は、聖書的な子育てについての学びをはじめていく予定です。
試行錯誤ですが、幸い場所も備えられ、少しずつコアとなるメンバーも与えられつつあります。前回のシリーズのときは、二人の姉妹にベビーシッターのボランティアをお願いしていたのですが、今後人数が増えていくことを予想し、次回からは交代で子どもたちを見ながら、一回学び、一回ベビーシッター、というローテーションを全員のお母さんたちが持ちながら学びを続けていく予定です。引き続き、まだイエス・キリストを知らないたくさんのお母さんたちがこの学びにつながり、主と出会うことができるように、お祈りください。

♪その他祈りの課題♪

1.フォローアップをした人たちが、帰国後も主にあって成長していくことができるように。日本の文化、教会、家族、色々な問題がある中で、神様につながることができるように。そして、彼らを支えるクリスチャンコミュニティが一人一人に与えられるように。
2.2003年から5年半お世話になってきた、ロングビーチの事務所を引っ越すことになりました。新しい場所はまだ未定ですが、同じく南カリフォルニア内で探すことになると思います。ロングビーチは、地理的に大変恵まれ、フリーウェイへのアクセスもよく、空港も近く、どこに行くのも便利な場所でした。神様はどこに新しい場所を用意してくださっているでしょうか。6月末には移る予定です。場所探しのためにお祈りください。
3.3月2日から29日まで、All Nations Returnee Conferenceの準備のため、日本に行く予定です。間、いくつかの教会訪問も予定されています。子連れでチャレンジが多いと思いますが、神様がこの旅を祝福してくださいますようにお祈りください。
4.引き続き経済的な必要が満たされるように。
5.ミニスターとして、妻として、母としての召しを感謝して受け止めつつ忠実に主に従うことができるように。
6.母教会の高槻福音自由教会の祝福のためにお祈りください。
[PR]
by yukoozeki | 2010-02-24 09:33 | Bi-monthly Report

寝不足の一夜があけて

昨日ムスメは、一晩中泣いた。(ま、大体深夜12時ぐらいから明け方の5時ぐらいまで)
断続的に、1時間おきぐらいに、起き上がっては泣き、寝て、また起き上がっては泣き。...。

おかげでこちらは寝不足。
そして、かなりブルーな朝を迎えた。

ここ1ヶ月ぐらいそういう日がちょこちょこと続いている。
特に最近はひどい。生まれたばかりの頃に戻ったかと思うぐらい。

違うのは、彼女の声が1年半前とは比較にならないほどに大きくなっていること。

先日、「もぅ、だめだ。これは泣かせてあきらめさせよう!だっこするからつけあがって何回も起きるのよね!」と思って泣かせっぱなしにしたところ、ますます声が大きくなった。
オットはあまりのうるささに家を出て車で寝ようと駐車場に行ったらそこまで声が聞こえたらしい...。

あかん。涙。ここはアパートなので、こんな状態が続いたら、「出て行ってください。」と言われかねない。
というわけで挫折。

あんだけ一人で寝る練習をさせたのにナンなの?この燦燦たる結果は?と思うとかなり凹む。

こんなとき、いかに自分が弱く、身勝手な人間であるかを知る。
ちょっと寝不足になったぐらいで娘やオットに対して不機嫌になったり、イライラしたり。
自分がいかに自分のスケジュールで物事が運ばないことにフラストレーションを抱え、すべてをコントロールしたがっている者であるかを思い知らされるのだ。

あぁ、子育て。涙。

ほんとに、自分の限界を知るこれほどいい体験はないよ。
悔い改めて、神様にもう一度コントロールしてもらえるように祈ろう。
てんこもりの仕事も、そして私の心も感情も。

来週は日本へ行く予定。行きは2人だけの旅だし、着いた3日後には大阪へ、とか、結構1歳半の時差ぼけムスメにとってはハードな旅になる。
Oh, well. God is in control.
[PR]
by yukoozeki | 2010-02-22 15:56 | Daily Ministry

待つ!!!



マシュマロテストである。
今目の前にあるマシュマロを食べてもいいけれど、私が帰ってくるまで食べないで待てればもう一つあげるよ、と言い残して去っていく大人。

子どもたちが誘惑と戦う姿は、かわいいし、ほほえましい。

しかし、ここで、きちんと最後まで待ててマシュマロを2個もらえる子どもは、将来、成績もよく社会的にも成功するというデータが立証されていると聞く。
目先の快楽への誘惑に耐え、後の報酬のために忍耐する力があるからである。

たかがマシュマロ、されどマシュマロ。

いかに自分が目先の利益に捕らわれ、忍耐なく衝動的に行動してしまう人間であるか、反省させられた。涙。

試練に会うとき、福音の為に忍耐が必要な時、罪の誘惑と戦わなければならないとき、このマシュマロを思い出して、主の来られるときにいただける報酬から目を離さないでいたいなあ、としみじみ思った。

まる。
[PR]
by yukoozeki | 2010-02-10 15:21 | 動画
少し前のことになるが、先月下旬、めでたく結婚3周年記念を迎えた。
当日は、天候大嵐。
そのあおりを受けてか、久しぶりに私たちも大喧嘩。
ある意味とっても記念に残る記念日だった。汗。

限られた短い期間での経験ではあるけれども、結婚生活の中でつくづく思うのは、メンテナンスの大切さというか、時間を一緒に過ごし、心を通わせることの大切さ。
それも基本的には毎日必要。
少し忙しくなり、ゆっくり話す時間が2日、3日、となくなってくると、だんだん関係がギクシャクしてくる。

私たちの場合、基本的には毎日一緒にデボーションをすることになっているが、夜のスケジュールが詰まり、デボーションの時間が減ると、そのまま直に関係に影響する。

当たり前のことだが、ルームメートと一緒に住んでいたときは、そんなことはなかった。
どんなに仲がよくても適当に距離をあけることは自然にしていたし、話さない時間がしばらくあっても、顔を合わせたら普通にそこから会話の続きは始まった。

でも結婚生活にあるのは、前進と後退のみ。停滞はない。
結婚と言うのは本当に、時間とエネルギーとコミットメントを要する関係なのだ。

であるならば。

神様との関係においてもまったく同じこと。いや、それ以上に。

毎日祈り、みことばに心を向け、向かい合う時間がなければ、関係は即座にギクシャクし始めるのは当たり前。何をするときも、どんなときも、まず、夫の意見を聞いてから意志決定をするように、神様の意見をまず聞き、それから行動していくことによって、信頼関係は深まり、もっともっと親密な愛の関係を築いていくことができるのだ。

神様との関係は、夫婦関係と同じぐらい、いやそれ以上に生ものなんだ、と思わされる。
いつでも受け入れてくださるとわかっている神様に甘えて、自分の気分や都合で動いている。
そんなわがままな嫁ぶりを神様はどんな風に見ておられるのだろう。

もっと濃密な、もっと親密な神様との関係を築いていきたい。
[PR]
by yukoozeki | 2010-02-08 14:09 | Daily Ministry
シアトルでは毎年10ヶ月間の留学プログラムでやってくる学生たちにリーチアウトしているそうですが、今年は何と11名もの学生たちが救われたそうです。

そしてこの2月、彼らは日本に帰国していくのですが、自分たちにリーチアウトしてくれたクリスチャンの兄弟姉妹たちに感謝のビデオレターを作成してくれたとのこと。



ど感動。

あぁ、こういう人達のためにJCFNはあるんだ、と再確認させられました。

彼らのことを聞いたJCFNは、1月にSちゃんをシアトルに派遣。
急遽帰国者セミナーを行いました。

でセミナーの様子を見ることが出来ます。


[PR]
by yukoozeki | 2010-02-06 06:49 | 動画