宣教師と妻と母の3つの帽子をかぶりながら奮闘中の宣教主婦、尾関祐子のブログです。北米での日本人宣教と帰国者のフォローアップの宣教団体、JCFNで働いています。JCFNの詳しい働きについては、www.jcfn.orgへ。


by yukoozeki

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4つの目標

さて、仕事を復帰したとたん、あっという間に7月が終わろうとしている。
早い...。

前回のブログの続きで、自分のやるべきことはなにか、つらつらと考える日々が続いている。
実は、3月に引越し、出産のための産休が入り、そして、事務主事が与えられる、という3つの大きい変化がやってきたため、一度私のJob Descriptionはリセットされたカタチになり、新しいミニストリーを始めるには絶好のチャンスなのだった。

で、今考えているのは、

1.アーバインの地で、ママさん相手のバイブルスタディを始める。(引越し前もやっていたけど、違うメンバーで新しく始める、という意味。)
2.学生数人たちのメンターをする。(ま、これも引き続きの部分もあるけれど、新学期で学生の移動があるので、新しい出会いがあればいいな、と。)
3.JCFNのリソースをつくる。たとえば、帰国準備のため、冠婚葬祭とか、家族の関係とか、帰国者たちが通る問題についてのDVDバイスタシリーズを作ったりとか。(ちょうどJCFN20周年で記念文集を作ることになりそうだけれど、これも、一つのリソース作りかな。)
4.夫婦・家族でできるバイスタ、もしくはミニストリーをはじめる。(これは、バイスタ、とかもいいし、Teaching Ministryというカタチでも用いられていきたい。)

という4つのことかな。
4ついきなりフル稼働したら大変かもしれないけれど、少しずつ、神様に導かれながらこの4つのために時間を割いていきたいなあ、と思わされている。

日々やらなければならないことはたくさんあるけれど、永遠のインパクトを人に与えることにエネルギーと時間を割いていくことを最近の礼拝メッセージでなんども語られている。

神様、どうぞ導いてください。
[PR]
by yukoozeki | 2011-07-26 08:38 | Daily Ministry

産休明け

先週の水曜日から、仕事がはじまった。
ま、はじまった、と言ってもパートタイムなので、そこまで急激に生活が変わるわけではないけれど、それでもやることが増えた分、考えることも増え、忙しくなった。

産休中、少しゆっくりと、JCFNの大きな今後の方向性、とか、こういうことをやっていけたらいいな、と考えていたことがあったのだけれど、産休明け初日のミーティングに出て、

「うぁー、そうやった、そうやった、あれもこれもやらなあかん~~。」

と、それどころじゃないモードにいきなり突入してしまった。

いかんいかん。

何をするべきか、何をしないべきか、流されることなく、しっかり見極めながらやっていかなければ、と思わされた。贅沢に使える時間はない。限られた時間とエネルギーをどこに注ぐべきか、しっかり祈りこんでいかなければ、と心を新たにした初日だった。

感謝なことに、仕事はじめの日、ムスメ2号が一晩中起きることなく、朝6時過ぎまで寝ていてくれた。
神様は、こういう風なカタチでも、仕事に復帰することをConfirmしてくださったのかな、と思うと嬉しくなった。

(あ、でも、次の日はまた4時に起きてきましたけどね。...)

さあ、神様に期待していきましょう。
[PR]
by yukoozeki | 2011-07-10 05:57 | Daily Ministry